マグネットレンズフィルターを購入してみた

2022年7月6日

マンフロットのXUMEが終息製品になってしまった

マンフロットから発売されていた、レンズに付けるフィルターをマグネットで脱着できるようにするというXUMEという商品が欲しいな~とは思っていたものの、ちょっと前に終息してしまい市場在庫もほとんどないという状態になってしまいました。

そこで他社から出ているマグネットアダプターやマグネットアダプターに既にフィルターがセットされたキットを購入してみました。

マルミ マグネットスリムベーシックキット

まず最初に購入してみたのがマルミのマグネットスリムベーシックキットです。

ステップアップリングにマグネットフィルターベースとND8

マルミの物は基本的にプロテクター付きのマグネットフィルターベースに固定ND/CPLを付けるという形になっていて、磁力も十分あり固定NDでの運用なら必要十分だなという感じです。
9mm F1.7に付けてもケラレがでることはありませんでした。

このベースになっているマグネットベース付きスリムレンズ保護フィルターですが、マグネットベースに保護フィルターが付いているためその分厚みを薄くすることが出来ます。

ただ磁力はちょっと弱めで固定力不足で不便かも?と感じました。
ただし、あえて重ね付けした時につけ外しがしやすいように、という配慮なのかもしれません。

特に付属のCPLフィルターはマグネットでつけた状態でグルグル回すような形になるのであまり強力な磁力でガチっと貼りついてしまってもダメ、ということなのかも?という印象です。

重ね付けしたままカメラバッグに入れていたところ、ND8+レンズキャップなどの場合はレンズキャップがカバンの中で外れてしまっていたので、重ね付けしたままカバンにしまうというのは想定されていないように感じました。

マンフロット XUME

マルミのマグネットスリムベーシックキットを購入した後に何げなくメルカリを見ていたら、欲しかった77mm径のマンフロットのXUMEが出品されていたのでサクッと手に入ってしまいました。
既にマルミの商品を購入した直後だったので無駄になるかも?という予感はしたのですが、まだ需要はあると思うので、最悪不要になったら自分もメルカリへ……ぐらいの気持ちでの購入です。

この写真の例では、
9mm F1.7にレンズプロテクター+ステップアップリング+XUMEベース+XUMEレンズアダプター+ケンコーバリアブルNDX II
という組み合わせですが、かなり分厚くなってしまいケラレがでてしまいました。

ただのアダプターであるため汎用性は高いですが、マルミやこの後に紹介するKaseのように保護フィルターやステップアップリングがベースと一体化しているといった機能性はないので、分厚くなってしまう傾向はしかたないかもしれません。

マンフロット Xume レンズ用マグネットベース 77 mm

マンフロット Xume レンズ用マグネットベース 77 mm

3,710円(12/03 01:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

Kase Magnetic Adapter Ring

最後はXUMEは収束してしまったので中華系で似たようなものは無いだろうか?とAliExpressを眺めていたら見つけた、KaseというメーカーのMagnetic Adapter Ringです。

この製品の場合、ステップアップリングを兼ねたマグネットベースがあるのがユニークで、ステップアップリングを使う場合はその分厚みを薄くできます。

これはレンズプロテクターにXC-PROを使用してKaseの62-77mmのMagnetic Step-Up Adapter Ring Kitを使っています。

可変NDフィルターはケンコーのバリアブルNDXIIをつけてます。

いろいろ使ってみて

マルミ、XUME、Kaseと3種類のマグネットフィルターアダプターを使ってみて、それぞれ一長一短という感じなのが感想です。

  • 固定NDで運用するならマルミ
  • 万能で無難だけどちょっと分厚いマンフロット
  • ステップアップリングを使ってもスリム運用できるKase

という感じでしょうか?
現状ではマイクロフォーサーズで最大径の77mmのフィルターで可変NDやCPLフィルターを所有しているのもあり、小さい径のレンズではステップアップリングを使う必要があるので、マルミかKaseでの運用が良いのかも?という気がしてきています。