TEX Shinobiを購入した

MacBook Proのキーボード置き換え

自宅の使用しているMacBook Proで長時間タイプしていると「結構疲れるな?」ということでキーボードを変えてみようと思った時に以前少し興味があったけど品切れだったTEX ShinobiのDIYモデルが再入荷していたので購入してみました。

『 TEX Shinobi DIY Type (Hot-Swap) 』 英語US配列 自作キット 

スイッチはCherry MX2A Blackを選択

自作キットなのでスイッチは別売りです。
過去のキーボード遍歴や会社PC等ではリニアスイッチのCherry BlackやEverglide AquaKingを愛用していましたが、最新のMX2A Blackを購入してみました。

新 CHERRY MX2A 黒軸 キースイッチ 50個セット 純正 ドイツ製

新 CHERRY MX2A 黒軸 キースイッチ 50個セット 純正 ドイツ製

3,960円(04/15 15:59時点)
Amazonの情報を掲載しています

打鍵音をチューニング

デフォルト状態だとタイプした際の打鍵音がかなり本体ケース内で反響して響くので吸音材を貼って対策しました。
ボトムケースとトップケース双方にかなり隙間があるため5mmと10mmのエプトシーラーを貼り付けて空間を埋めて対策しています。

日東エプトシーラー No.686 10mm×15mm×2m 686X10X15

日東エプトシーラー No.686 10mm×15mm×2m 686X10X15

332円(04/16 05:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

吸音材がPCBに密着する形になるのですが、もしかしたらPCBへの侵襲性があるかも?ということで保護を兼ねてマスキングテープを使ったテープMODも施してみました。

対策を施したタイプ音がこんな感じです。
マイクの性能もの成果実際に耳で聴こえる音より高めの音に録れてしまった感じがします。

とても良い感じ

組み上げてから数日使っていますが、長時間使用における疲労感はグッと減った気がしていて、自分の体にはキーストロークがしっかりあってガシガシ打ち込めるキーボードの方が適しているようです。
また7段キーボードとトラックポインターによる利便性も相まってしばらく自宅での愛用キーボードはこれで行く予定です。

独自ファームウェアが唯一の不満かも

このキーボードはファームウェアが独自のものでQMK等のオープンソースファームウェアではないため、それらのファームウェアと比べると多少カスタマイズ性の幅が狭く、特にKC_LANG1といった言語切り替え系のキーコードが設定できないため日本語入力の切り替えが少し煩雑になっています。

こちらはメーカーにメールで問い合わせてみたところ「調査するので少し待って欲しい」という返答が来たので、今後のコンフィグレーターのバージョンアップに期待です。